【婚活】条件多すぎプロフィールに立ち止まる人は10人中何人か?

お相手への条件は1つにしましょう

どうしても譲れないものだけにしましょう

お見合いが組めないというある35歳代女性(年収300万・会社員)のプロフィールを見せてもらいました

お相手への条件が並んでいます。

〇犬2匹と一緒に住んでもよい人

〇年収が700万以上の人

〇年齢が近い人・または年下

〇趣味の合う人

どれも厳しい条件です

一つにしましょう。

今回の場合はこの女性と相談し、本当に外せない条件を洗い出しました。

すると、彼女がどうしても外せない必須条件は年収だと判明しました。

プロフィールにはお相手の条件として年収以外はなくす・または範囲を広げました。

すると、これまでより申し込みが増え、何人かとお見合いをすることになりました。結婚相談所の結婚はお見合いがスタートです。条件で相手をブロックしては始まりません。お相手が申しにしやすい・受けやすいプロフィールにかえるとよいかもしれません。ただし、本当に必要な条件とはを考えるために自分と向き合う必要がありますので、無理せず、条件絞りをしてみましょう。

条件が2つになってしまう人は仲人と作戦を立ててください。

多すぎる条件のプロフィールに10人中何人が立ち止まって見てくれるでしょうか。もしかすると、誰もあなたのプロフィールをそれ以上読もうとしないかもしれません。条件(あなたの希望)ばかり書いてあるプロフィールはあなたを封印しています。そのことを念頭にプロフィールを見直してみてください。

当方のオンライン無料婚活相談もありますので、気軽に声をかけてください

他結婚相談所に所属の男女のプロフィール書きは有料(1万円)で受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。