【ブログ】カムカムエブリバディ・第3のヒロインひなたにの子供が見たい

NHK朝のドラマ「カムカムエブリバディ」

親子3代100年の物語

戦前に生まれた第1のヒロイン安子(やすこ)が恋をして結婚し、戦時中に女の子・第2のヒロイン類(るい)を産みます。戦後わけあって我が子を日本に残してアメリカに旅立ちます

第2のヒロイン類(るい)は安子がアメリカに立ってからは父の実家で暮らし、高校を出ると京都のクリーニング屋優しい夫婦のもとで住み込みで働きます。やがて恋をして、結婚、女の子・第3のヒロインひなたを産みます。

最後のヒロインひなたについてお話しします

20代は恋人と破局します。結婚したいと素直に語るひなたに恋人は去っていきます。30代は英語に目覚め、祖母(安子)と母(るい)を再会させることができました。祖母(安子)の誘いで、ひなたはアメリカへ渡ります。そして、アメリカの大学で英語と映画の勉強をして仕事の幅を広げます。

物語の最後、50代のひなたはNHKラジオ英会話の講師として華々しく過ごします。再会を果たしたアメリカ人男性と二人の人生が始まる予感で最終回を迎えました。

この物語はひなたで終わっています

でも、私はひなたの子供の話も見たかったです

いつまでも続いていく命のリレーの物語を見たいです

人類がそうやって繋いできた命のリレーです

ひなたの子供は男の子でも女の子でも楽しい未来のお話しを運んでくれると思います

ひなたの20代・30代に出会いがもっとあったら、ひなたの人生はまた別の物語になっていたかもしれません

私はひなたのような頑張る女性には結婚も出産も諦めてほしくありません

「そろそろ結婚したいな……」というココロのつぶやきを感じたら、是非相談ください。

出会いが無限の未来を創ることを忘れないでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。