お見合い申し込みで気を付けるとこ

立春です

暦の上で春が始まる日

旧暦ではこの日がが1年の始めとされていたため、決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています

婚活でも新しい風が吹き始めていますよ

2月のお見合い申し込みも活発に行われてます

 

 

そこで今日はお申し込みのことについてお話します

お見合いのお申し込みは2週間過ぎたらまた同じ人にお申し込みできます

しかし、続けて同じ人には申し込むのはあまり効果がないと感じます

受諾がなかった場合にはいくつか考えられることがあります

1、相手が今、仕事などで忙しく1ヶ月以内にお見合いできる日程が取れそうもない

2、相手が今、誰かと既に交際している

3、相手があなたに興味がない

 

 

 

受諾しない理由が1の場合は一か月くらいしたらお相手の状況も変わることが多いです

大きな仕事がひと段落した

骨折が治った

短期の海外出張が完了したなどです

そのため期間をおいて再度申し込むと受けてもらえることもあります

 

 

 

受諾しない理由が2の場合も交際が破談になり次第受けてもらえることがあります

交際しているに破談になることあるの?と思われる方もいるでしょうが、よくあることです

なぜなら、お見合いからの交際は恋愛の入り口です

相手との価値観をする合わせたり、自分との相性を見る期間です

相手とリズムが合わない、結婚は考えずらいという材料が出ていたら交際が終わることはあるのです

ですから1ヶ月程度で交際終了もあることです

 

 

第3の理由で受けてもらえない場合は何度申しこんでも難しいでしょう

過去には5回くらい申し込んで受諾されたこともありましたので全く無理とは言い切れないのですが

何度申しこんでも受諾にならない場合は一般には難しいです

次に気になる方にお見合い申し込みをしていくことおススメします

 

 

 

こうしてみると、お見合い成立は奇跡のように思いませんか?

いろいろな事情がうまくクリアーされ、二人が合うことができるのです

お見合い成立するところから既に出会いの風は吹いています

あなたのために時間を作り装って待合場所に来てくれるお相手に感謝したいです

私は私の会員とお見合いしてくれるお相手とお相手仲人さんにいつも感謝しています

お見合い成立は既に奇跡的なことですから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です