時間を大切に   ~ 1 ~ 出産適齢期・不妊治療を経験して

こんにちは。

「結婚は仕事がひと段落してから……」と考える女性が増えました

私の会でも仕事もでき、他人への配慮もでき、教養と美貌に恵まれているアラサー、アラフィフ、アラフィフ女性は多いです

しかし、若さの砂時計は冷酷なまでにサラサラと流れていきます

ある意味、時間の流れは無常です

私も当時フルタイムで男性に負けない勢いで働いていたので出産は仕事がひと段落してからと漠然に考えていました。

目先の日常が忙しすぎて自分の将来のことを考えることをしませんでした

今は、そんな仕事漬けだった自分を振り返るともう少し人生のことを考えていればよかったと思います

そこで、女性の方に出産適齢期があることをお話しします

時間が大切ということを常々お話していますが、それは私自身の体験から来ています。
人生の時間の大切さを身をもって知った私の体験をお話します。

34歳の時不妊治療をはじめようと決意しました。

第1子は無事出産。次に授かった第2子の心拍は見えませんでした。第2子は大量出血後すぐ受診しましたが、医者で「もうだめですから処置しましょう」と言われ私の体の外に出されました。

第2子が性別もわからぬまま逝ってしまったことで落ち込み・後悔し・悲しみました。親にも「かかわいい孫ができると思って楽しみにしていたのに」と言われ、申し訳ない気持ちと残念な気持ちでいっぱいした。
それからは妊娠せず、34歳当時は仕事に復帰していて多忙な日々でしたが、
「二人目不妊」が頭をよぎり始めた時期でありました。

市内の不妊外来のある産婦人科を全部受診しました。
医者は当たり障りのない一般論を話すばかりでした。
「検査したけど、特に問題はないようです。」
「そのうち妊娠するんじゃないですか?」
「20代だと妊娠しやすいんですがね。」

同時にネットで情報収集もしました。妊娠しやすくなるという体質改善といわれる高額な薬をネットで購入したこともありあます。(あまりにも怪しい薬なので、結局服用しませんでした。)
次は針治療をしました。道路の看板に子供が授かる針と書いてあったからです。
針治療も仕事の合間を縫っていきました。一回5000円くらいかかりました。お腹にたくさん針を刺しじっとしていました。3か月くらい通っているうち、妊娠している人が何人か針治療に来ていることを知りました。よく聞くと、その人たちはみな不妊治療専門医に通っていることがわかりました。
そこで、私は不妊治療専門医の門をたたくことを決意したのです。
不妊治療しようと思ってから約6か月過ぎていました。

今日はここまで。あれから長い年月が経っていますが、当時を思い出すとまだつらいのです。スラスラお話できません。
続きはまた、不妊治療の回で。

*最後まで読んでくれてありがとうござます。今日は私の経験が誰かの勇気になればと思い書いてます。いつだって今が一番若いです。人生の時間を大切にしてほしいと思います。

婚活しようと思っても何から始めればいいかわかりませんよね。時間ばかり過ぎる前に、相談ください。あなたの「結婚したい」を応援し最短で成婚するようフルサポートします。仲人士と一緒にオーダーメイドの婚活を進めていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です